保育士になりたい!保育士の現状はどんな感じ?

少子高齢化は関係なし?

何かと現代日本は少子高齢化だと騒がれていますし、実際その傾向になります。少子、つまり子どもが少なくなるということは子どもを受け入れる施設の必要性もなくなり、保育士の未来も不安視してしまいがちです。ただ、この先子ども数が減り続けて保育施設が次々閉鎖されるというのは現実的ではありません。人口が減り続ければ国力も下がることになるので、それを食い止める為に何らかの対策が考えられるはずです。なので今も、そしてこれからも保育士の役割は大きなものとなります。

都市部では深刻な問題が発生

日本経済が低迷している関係で、人口が都市部に集中しています。それによって都市部の飲食店などは盛り上がっていますが、保育施設はパンク状態になっています。各施設受け入れ可能な人数が決まっているので、受け入れを待つ待機児童が大きな問題となっています。親は、遠い保育施設まで迎えに行ったり最悪引越しをしてまで子どもを保育施設に入れるなど工夫しています。保育施設は簡単に作れるものでもないので、一筋縄ではいきません。

保育士を目指すなら都市部へ

都市部が待機児童の問題でてんやわんやになっていますが、地方の保育施設はまるで対岸の火事を見ているような感じです。むしろ子どもが集まらず運営が難しくなるなど、別の問題も発生しています。なので地方における保育士求人は減少傾向にあり、都市部は逆に増加しています。一人の保育士が多くの子どもの面倒を見なければならないので労働環境が過酷になっており、離職するという悪循環に陥っています。一人一人の保育士がこの問題と向き合っていかなければいけません。

全国的に保育士の数が不足していますが、特に関東地方は人口が多く保育士不足が問題となっています。しかし、東京では保育所が増加傾向にあることから、関東地方で保育士の求人なら東京で探すと多く見つかります。